閉じる
  1. ニコレットを使って禁煙をする方法
  2. 禁煙を成功させる方法とは?
  3. チャンピックスを使って禁煙する方法
閉じる

チャンピックスを使って禁煙する方法

チャンピックスはファイザー製薬が製造・販売を行う、禁煙のための治療薬です。
チャンピックスにはタバコを吸いたいという欲求を抑える効果や、禁煙に伴うニコチン切れの症状を軽減する効果などがあります。
ただしその効果を実感するためには正しい方法で服用することが必要になりますので、注意事項を守り医師の指示に従って使用してください。

チャンピックスによる禁煙治療は、12週間を目安として行われます。
最初の1週間はチャンピックスの服用のみを行ってください。2週間目からはチャンピックスの服用を続けながら、さらに禁煙を開始します。
副作用で吐き気などを感じた場合には、医師に吐き気止めの処方を依頼しましょう。
禁煙の開始から最初の1週間が最も苦しい時期になりますので、イライラする場合には水を飲んだりガムを噛んだりして気を紛らわせてください。

3週間から4週間が経過すると、タバコを吸わない状態に少しずつ慣れてくるはずです。
この時点で体の不調や精神的な不安などを感じることがあれば、医師に相談するようにしましょう。
さらに5週間から6週間が経過すると、禁煙の効果が実感できるようになります。
具体的にはたんや咳が減ったり、息切れしなくなる人が多いようです。
さらに食べ物が美味しく感じたり、肌の調子が良くなったりすることなどもあります。

7週間から8週間が経過すると苦しさが軽減して、禁煙に対して自信が持てるようになります。
ただしこの時期にタバコを吸ってしまうと以前の状態に逆戻りしてしまう可能性がありますので、誘惑に負けず禁煙に取り組んでください。
開始から12週間が経過すると禁煙治療は終了となります。
通常はこの時点でチャンピックスの服用も終了となりますが、今後の禁煙の継続に不安を感じる場合などには、医師との相談によりチャンピックスの服用を続けることもできます。
次の項目ではチャンピックスの服用方法と保険の適用について、さらに詳しく確認してみましょう。

チャンピックスの服用方法と保険適用について

チャンピックスの服用方法は最初の3日間と4日目から7日目、8日目以降の3段階において使用する量と服用する回数が変わります。
最初の3日間は0.5mg錠を1日1回、4日目から7日目までは0.5mg錠を1日2回、8日目からは1mg錠を1日2回服用する形になります。
服用する時には水もしくはぬるま湯で飲む、食前もしくは食後どちらでも良いのですが、副作用の一つでもある吐き気を生じる事があるので、食後に服用するのが良いと言われています。
チャンピックスを購入する方法は病院で処方を受けるのが最適です。
但し病院であればどこでも処方して貰えるわけではなく、禁煙治療を行っている病院で処方をして貰えます。

また、病院で処方して貰えば保険が適用される、定期的に通院する事で禁煙のアドバイスや医薬品の効果などの説明を受けられるメリットがあるのでお勧めです。
保険が適用される事で治療費やチャンピックスの薬代の負担が減るわけですから病院を利用するのが良いわけです。
チャンピックスを使って禁煙をする人の中には途中で使用をやめてしまい、禁煙に失敗するケースもあります。
12週間のプログラムを実行する事がタバコを止めるコツにも繋がります。

保険が適用するのは初診の場合と言われていますが、途中で服用を止めた場合でも初診から1年経過してれば再び保険適用で治療を受ける事が出来ます。
尚、チャンピックスは1日の使用量が決められています。
これは他の治療薬にも言える事ですが、飲み忘れた時などは1日の上限を超えないようにすることが大切で、昨日の夜に飲み忘れたからと言って、朝2錠飲む、朝飲み忘れたからと言って夕方2錠飲んでは行けません。
用法用量を守り正しく利用しましょう。

関連記事

  1. ニコレットはジェネリックのニコテックスの使用も良い

  2. たばこがやめられないイメージ

    禁煙を成功させる方法とは?

  3. ニコレットガム

    ニコレットを使って禁煙をする方法

おすすめ記事

  1. ニコレットを使って禁煙をする方法
  2. チャンピックスを使って禁煙する方法
  3. 禁煙を成功させる方法とは?

おすすめ記事

  1. 禁煙をすると太ってしまうと言われる理由とは?
  2. 禁煙が成功することによる身体への効果
  3. ニコレットはジェネリックのニコテックスの使用も良い
ページ上部へ戻る