閉じる
  1. ニコレットを使って禁煙をする方法
  2. 禁煙を成功させる方法とは?
  3. チャンピックスを使って禁煙する方法
閉じる

ニコレットを使って禁煙をする方法

ニコレットガム

禁煙というのは誰しも達成するのが難しいことであり、多くは失敗に終わることもあります。
根性で禁煙をしようとしても脳がニコチンを猛烈に欲している以上、それを断つことは途方もなく困難です。
やはり苦痛を伴う禁煙方法では長続きしないということになります。

そもそもニコチンはヘロインやコカイン以上に依存性が高く、摂取すると幸福感や安心感を得られます。
禁煙が難しいのは喫煙自体が習慣化していることによるものです。
合法的に販売されているため、誰もが影響を受けやすいものでもあります。
喫煙したいという欲求を鎮めてくれる薬はないので、長期的な決意が成功への鍵となります。

現在では禁煙を達成するための様々な禁煙補助剤が販売されていますが、その中でも最も有名なのがニコレットです。
ニコレットは国内で医薬品として認可されてからかなりの歴史があります。
薬局やインターネットでも簡単に入手できることから、人気の禁煙補助剤としての地位を築いています。

ニコレットはガムの形状をしており、もちろんニコチンを含んでいます。
喫煙においては肺からニコチンを摂取していますが、ニコレットでは歯茎からニコチンを摂取します。
ニコチンガムはタールなどの有害物質を含んでいないので、喫煙よりは健康的で清潔感があります。
ニコレットはガムとしては高価な製品となるので、使い始めたら確実に禁煙を達成したいものです。

ニコレットの禁煙達成率は公式サイトで40パーセントと発表されています。
これでも十分に高い成功率ですが、誤った使い方によって失敗に陥るケースも少なからずあるはずです。
中には禁煙に成功した後、再び喫煙者に戻ってしまうケースもあります。
禁煙はニコチンへの依存を完全に断ち切ってこそ成功したといえます。

まずは無駄な喫煙の本数を減らしていく努力をし、無意識に火をつけてしまうチェーンスモーキングという行動をやめることが大事です。
そして喫煙場所と禁煙場所の区別を明確にし、禁煙をスタートさせる土台を作りましょう。

ニコレットの正しい噛み方とは?

ニコレットを噛むと体内にニコチンが補給されるため、吸いたい欲求がかなり抑えられます。
即効性があるので常備しておきましょう。
ただし普通のガムとは違い、好きな時に自由に噛めば良いというわけではありません。
正しい噛み方を守らなければ副作用が出てしまうこともあります。

ニコレットの正しい使用方法は、まず15回ほどゆっくりと噛み、口の中に少しニコチンの味を感じたら一旦噛むのをやめます。
そのまま1分ほど噛むのをやめ、頬と歯茎の間にガムを挟んでおきます。
この行動を交互に行い、30分から60分かけてゆっくりと噛みます。
もし急いで噛んだりするとニコチンが大量に出てしまい、それを唾液と共に飲み込むと吐き気や胸やけなどの副作用が出ます。

禁断症状を軽減するには必要量のニコレットを使用する必要があります。
禁煙後4週目までの必要量は喫煙していた1日の本数によって異なります。
1日の喫煙本数が31本以上なら9個から12個、21本から30本なら6個から9個必要で、20本以下なら4個から6個必要となります。
禁煙後4週以降になると徐々に個数を減らし、1日に1個から2個になった時点で使用をストップします。
ここまで来ればほとんどの人が禁煙を成功できます。

しかしまだ禁煙に苦痛を感じるようならニコレットを再開しても構いませんが、3ヵ月以内には使用をストップするようにしましょう。
ニコレットを噛むタイミングは喫煙をしたいと感じたときです。ニコレットを使用している間に喫煙すると効果が出ないので注意しましょう。
またニコレットで虫歯になるという噂もありますが、実際には虫歯になることはありません。
十分な効果を得るためには正しい噛み方を行いましょう。

関連記事

  1. ニコレットはジェネリックのニコテックスの使用も良い

  2. たばこがやめられないイメージ

    禁煙を成功させる方法とは?

  3. チャンピックスを使って禁煙する方法

おすすめ記事

  1. ニコレットを使って禁煙をする方法
  2. チャンピックスを使って禁煙する方法
  3. 禁煙を成功させる方法とは?

おすすめ記事

  1. 禁煙をすると太ってしまうと言われる理由とは?
  2. 禁煙が成功することによる身体への効果
  3. ニコレットはジェネリックのニコテックスの使用も良い
ページ上部へ戻る