閉じる
  1. ニコレットを使って禁煙をする方法
  2. チャンピックスを使って禁煙する方法
  3. 禁煙を成功させる方法とは?
閉じる

禁煙をすると太ってしまうと言われる理由とは?

喫煙者にとってはとても厳しい風潮の世の中になっています。
どこもかしこも禁煙禁煙で、街なかでも電車を降りてもレストランや喫茶店に入っても禁煙になっており、どこを探してもタバコを吸えるところが見つかりません。

公共施設だけでなく居酒屋や喫茶店も禁煙になり、最近はパチンコ屋まで禁煙のところが現れています。
もはや喫煙者の居場所を見つけることは困難で、喫煙場所を探す行為自体がストレスの元になってしまう本末転倒な事になってしまっています。

病院関係者は就職する際、喫煙者か否か聞かれるところがあります。
喫煙者は基本的に卒煙しないといけません。この流れは民間企業にも広がっていくでしょう。
昨今は勤務時間中のタバコでの離席も禁止され始めています。

タバコの値上げも止まらず、喫煙場所も大きく制限され、保険加入時も喫煙有無で条件が変わり、就職でも有利不利が出てくるこの時代、もはや禁煙に取り組まない選択肢は全くもってありません。

禁煙を拒む理由で、「イライラする」や「太る」などありますが、喫煙者の虐げられている立場でいるほうがよほどストレスフルなはずです。
また「太る」は、口さみしさから間食が増えてしまうことや食事が美味しく感じ食欲が増えてしまうことが要因です。

しかしそれは一時的な減少であり禁煙したからといって太り続けるわけではありません。
もちろん消費エネルギーより摂取エネルギーが多ければ太るのは当然でし、多くの人は加齢とともに太りやすくなっていくので一概に禁煙だけ太る要因というわけではありません。

太らないためには摂取エネルギーのコントロールが大切、食べ過ぎれば当然太ります。
甘いものやご飯、パン、麺類などの炭水化物はエネルギー源となるので、あまり動かないのにエネルギーをたくさん摂取すると体は余ったエネルギーを脂肪として蓄えてしまいます。
また脂質もエネルギーが多いので摂り過ぎは禁物です。

タンパク質、ミネラル、ビタミン類、食物繊維豊富な食事を摂りつつ、適度な運動を行うことが肥満対策の基本になります。

禁煙活動をしつつ運動も開始してみましょう

喫煙活動で太る理由の一つが食欲増進です。
禁煙で初期は禁断症状でイライラしてしまいがちなのに、食事もあれもダメこれもダメとなってしまっては禁煙活動は決して続きません。
食事が美味しく感じられる喜びを存分に楽しむくらい許されるべきです。

しかし健康面や美容面などからやはり太るのを避けたい人は少なくありません。
そのためには運動が一番効果的です。運動には脂肪を直接エネルギー源とする有酸素運動と糖質をエネルギー源とする無酸素運動があります。

有酸素運動は会話でできる程度の軽い強度で長く続けられる運動を指します。
ジョギングやサイクリング、水泳、ウォーキングなどが有酸素運動になります。
一昔前は20分以上運動しないと脂肪は燃えないと言われていましたが、今では脂肪は運動直後から燃えるというのが一般的になっています。
20分以降に脂肪燃焼率があがるのです。

無酸素運動はダイエットに向いていないと言われていましたが、これも昨今覆り、筋トレなどの無酸素運動もダイエットにはとても有効となっています。
筋肉1kgつくと1日の消費エネルギーが13kcal増えます。
たった13kcalと思うかもしれませんが、一年間でおよそ4700kcalも消費エネルギーが増えるのです。
脂肪1kgは7200kcalものエネルギーを蓄えてしまいます。その半分程度が勝手に減っていくのは喜ばしいことです。

筋肉1kg増やすのは至難の業ですが、一年間しっかり筋トレをすれば無理ではありません。また初心者ほど筋肉は増えやすいので効果的です。

運動はストレス解消にもなり、いいことばかりです。
禁煙とともに運動も始めればどんどん健康体になるので禁煙の際には運動にも是非取り組みましょう。

関連記事

  1. 禁煙が成功することによる身体への効果

おすすめ記事

  1. ニコレットを使って禁煙をする方法
  2. チャンピックスを使って禁煙する方法
  3. 禁煙を成功させる方法とは?

おすすめ記事

  1. 禁煙をすると太ってしまうと言われる理由とは?
  2. 禁煙が成功することによる身体への効果
  3. ニコレットはジェネリックのニコテックスの使用も良い
ページ上部へ戻る